SALON DU CHOCOLAT in Kyoto ~その2~
b0060285_19583370.jpg


   りんごのコンフィチュ-ル(バラの花弁入り)♡
   そして、、、クリスティーヌ・フェルベールさんにお会いしました。

   



b0060285_201554.jpg
   サロンドショコラの会場に着いて、まず向かった場所。
   メゾン・フェルベールのブ-スでした。コンフィチュ-ルと彼女の親友である
   イラストレ-タ-ギー・ウンタライネ氏のとてもかわいい絵が飾ってありました。
b0060285_2055459.jpg
   ‘ジャムの妖精’と呼ばれるクリスティーヌ・フェルベールさん。
   テレビや雑誌で見るよりとてもお綺麗でした。
b0060285_2085472.jpg

   〈小さなジャムの家〉を買ってサインをして頂きました。
   お一人お一人にこんなに丁寧にサインをしてくださるのです。
   待っている間、バニラのボンボンをどうぞ~とひとつ頂きましたが、緊張しすぎて
   知らない間に口の中から無くなっていました(爆)
   もちろん、美味しかったですよ(*^_^*)
b0060285_20144147.jpg
   ギー・ウンタライネ氏も「どんな絵をかきましょうか?」と聞いてくださり、
   コンフィチュ-ルと果物の絵をお願いしたら、、、
b0060285_20163738.jpg
   こんなにステキなイラストを書いて頂きました。
   かわいい~~~
   もう、夢のようでした♡♡♡
   ギ-氏はとても陽気な方で、通訳の方と踊ったり笑顔をふりまいておられました。
b0060285_20212354.jpg
   この日はクリスティーヌ・フェルベールさんのセミナ-もありました。
   先着30人が席に座って、ショコラやコンフィチュ-ルの試食付きでした。
   9時半から受け付け開始でしたが、9時半に着いたEちゃんはチケットゲットできな
   かったらしいです。
   私は、立ち見席ならチケットなくても入れてもらえたので、少しだけお話を聞いてき
   ました。
   映像ではアルザスのお店の中の様子などが写されていて、クリスティーヌさんの
   幼少の頃のお話から、クグロフにまつわるお話、仕事への思いなどを話されてい
   ました。

   浮かれ足で家に帰って来て、チョコ好きの妹におみやげを買ってくるのをすっかり
   忘れてました(-.-;)
   
   〈小さなジャムの家〉の本を大切に大切にしよう。私の宝物ですV(^-^)V

   



   
by four-de-lis | 2007-02-05 20:35 | ☆イベント
<< 今、はまっているパン SALON DU CHOCOL... >>