町屋cafe
b0060285_16491996.jpg
   江戸時代、東海道56番目の宿場町、淀川の港町として栄えてきた商人の町
   「枚方宿」。その町屋を使っていくつかのお店ができています。
   そのうちの一つ、‘ルポ・デ・ミディ

   とても落ち着く、なつかしい雰囲気の中で、ちょっと休憩。
   お抹茶のロ-ルケ-キと黒酢ドリンク。(以外に合ったりして)
   甘さ控えめで、美味しかったです^^



b0060285_1651076.jpg
   お店の中はこんな感じ。
   母と行ったのですが、昔うちにもあった足踏みミシンのなつかしい話をしたり
   電球もあんなんだった、木枠の窓も、、、と母も懐かしそうでした。
   両親が結婚した時に中古で買った家だったので、とても古く、土間や縁側が
   ありました。ポカポカ日当たりのいい縁側で、お昼寝したこともあったっけ。
b0060285_16535730.jpg
   中では雑貨や陶器が売っていました。
b0060285_16545731.jpg
   かわいくて、夏も終わりなのに買ってしまった
   サマ-コットンの巾着。‘hinahouse’さんの作品です。
b0060285_16555789.jpg
   
   JAZZを聞きながらご飯が食べられる‘Mogajoga DINING’
   もあります。
   歴史を感じられる‘鍵屋資料館’もあります。
   ご興味ある方はぜひ一度足を延ばしてみて下さいね!

   それから、ロハスフェスタ! こんな楽しそうなイベントがあるのを知りました。
   行きたい、行きたい。とっても、、、  

   
by four-de-lis | 2007-09-13 16:49 | ☆お気にいり
<< イタリア料理教室 豚ときのこのバルサミコ煮 >>