お麩のマンディアン
b0060285_12273781.jpg
   大森由紀子さんの新刊『シャンパン・ワインでおうちビストロ』から
   ‘お麩のマンディアン’を作ってみました。
    マンディアンて何?と思って調べてみると、、、、
   「アルザスならではの家庭菓子。残ったパン・オ・レやクグロフを牛乳、卵、砂糖に
   浸し、シナモン、レーズン、リンゴまたはブラックチェリーを合わせてグラタン皿で
   焼く。マンディアンとは「物乞い」の意。」 
   つまり、パンプディングと同じですね。
b0060285_12282247.jpg
   京都・半兵衛のお麩を使ってみました。
   お砂糖の量を減らしたら、お麩に味がないので何だか物足りなくて、
   結局グラニュ-糖をふって食べるはめに・・・笑
b0060285_1229794.jpg
   アパレイユが余ったので、カチカチのバゲット(たまたまあった^^)
   でパンプディングも作りました。
                ★.。.:*・゜★.。.:*・゜★.。.:*・゜★
   
   昨年は人として、母として、妻として、女性として考えさせられることが多々
   ありました。映画や本、テレビのコメンテ-タ-の方、普段の何気ない会話などから
   「はっ・・・」と気づかされることがあったりして。
   そういうことに耳が傾けられるようになったのもこの歳になったからでしょうか。
   歳を重ねるのも悪くないな~うん。
   
by four-de-lis | 2008-01-09 12:17 | **タルト・パイ**
<< ガラスペン ラ・ヴァチュ-ル~京都その3~ >>