海辺の扉
b0060285_2139039.jpg


本の世界に没頭したくなった。久しぶりの宮本輝ワ-ルド。
ぐいぐい引き寄せられていっています。








       ☆・:*:.,.:*:・☆☆・:*:.,.:*:・☆☆・:*:.,.:*:・☆☆・:*:''':*:・☆

   読み終えて、、、
   ギリシャを舞台にサスペンスな部分もあり、現実的な恋愛感情(きれいごとでは
   なくて)を含みながらも、テ-マは〈再会〉。現在・過去・未来を生きている意味さえ
   も教えてくれる宮本文学のすばらしい作品でした。
   
by four-de-lis | 2008-06-02 21:39 | ☆本
<< バナナのカップケ-キ プチパン >>