<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ピエール・マルコリーニ
b0060285_17433477.jpg

義理チョコを買いに行った長女が、自分に買ってきたマルコリーニ
一缶買ったら、試食のチョコがもらえて、あまりにも美味しくて・・・「美味しすぎる~どうしよう~~」
って電話をかけてきた。
お値段もそこそこするから、迷ってかけてきたみたいで^^

あまりにも可愛くて(親バカでスミマセン。笑)
「じゃあ、お母さんが買ってあげるわ~」

b0060285_17435595.jpg

と、追加でもうひとつ買ってきた可愛いらしいフランボワーズのチョコ。
これを買ったら、また試食をもらって、それがお酒入りだったらしくて
くらくらなりながら、電車に乗ったそうです。爆
ほんの少しのアルコールも体質的にだめなので、アルコールには敏感です。
二人で、毎日一粒づつの幸せを感じています^^

バレンタイン近くにはチョコレートに関する番組がたくさんやっていましたね。
その中のひとつ 「奇跡の地球物語」
いつもながら、Sちゃんがメールで教えてくれました。


デカタンスのステファン氏がチョコレートの魅力を語っていました。
「一粒だけでも人間の気持ちは変われるよ。一口だけでもスマイルに。マジックみたい。
これがショコラをやりたかった理由。お客さんに喜んでもらうためにこの仕事をやっている。」

そして、科学的なことにも感動してしまいました。
「カカオ豆が偶然発酵し、さらに火によって燃えてしまう。すると渋みがとれ、あのチョコレート独特の味と香りが生まれた」

テンパリングについては、
「手で触ったら溶けない、口に入ったら溶けるというのが不思議。誰かが偶然みつけたと考えられる」

この偶然の重なりで、私たちは一粒の幸せを感じることができるのですね。
by four-de-lis | 2012-02-19 21:28 | ☆お気にいり